SSブログ

前の20件 | -

志賀高原に咲く花(2) [植物園・自然園]


10-1東館山高山植物園.jpg

志賀高原 ~東館山高山植物園~

志賀高原(東館山~赤石山~大沼池)トレッキングの途中、寺子屋峰(標高2125.2m)から眺めた高山植物園。中央やや左の山頂付近にゴンドラ山頂駅が見える。その手前に植物園が広がる。(2017.9.1)


宜しかったら・・・・・続きをご覧ください。

続きを読む


タグ:202107
nice!(30)  コメント(15) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

志賀高原に咲く花(1) [植物園・自然園]


10-志賀アヤメ.jpg

志賀アヤメ


志賀高原は "上信越高原国立公園” の一部で、標高1,000m以上にある広~い高原。裏岩菅山を最高峰(2,341m)とする2,000mを越す13座の山々や、1,500mを越す16座の山々に囲まれている。

植生は、ブナ・ナラを中心とした落葉広葉樹林からオオシラビソ・コメツガなどの針葉樹林・ダケカンバなどの広葉樹林までが連続して分布。標高2,000m付近の稜線ではハイマツ帯が広がり、高山植物の群落が発達していると言う。


志賀高原にはハイキングやトレッキングコースが整備されており、岩菅山や裏岩菅山、赤石山などの山々、大沼池や稚児池、一沼などの池、四十八池湿原や前山湿原などいくつかのコースを歩いている。


今回は、東館山山頂に広がる高山植物園と信州大学志賀自然教育園のロックガーデンを歩いて志賀高原 ~初夏の花~ を見てきた。その中から貴重な花などを中心にご覧ください。



宜しかったら・・・・・続きをご覧ください。

続きを読む


タグ:202107
nice!(44)  コメント(18) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

月山 フラワートレッキング <2.春~初夏の植物> [ハイキング / トレッキング]


11-山頂.jpg

湯殿山・志津温泉方面への下山口付近から見上げた山頂(右端)

先月末、梅雨の合間を縫っての "フラワートレッキング" は天候に恵まれ、たくさんの花と出合うことができた。

その2

雪渓から少し離れたところに咲く花々 ~春から初夏~ です。


宜しかったら、・・・・・続きをご覧ください。



続きを読む


タグ:202107
nice!(34)  コメント(15) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

月山 フラワートレッキング <1.早春~春の植物> [ハイキング / トレッキング]


11-1 月山(庄内平野).jpg

庄内平野から眺めた ~月山~

月山は、磐梯朝日国立公園内にある山岳信仰の池として知られている出羽三山の一つ。梅雨のあいまを縫って、標高1,984mの月山を歩いてきた。


11-2 s8合目Pパノラマビュー.jpg

月山八合目 弥陀ヶ原駐車場(右端は鳥海山)

トレッキングは駐車場(標高1,380m)から弥陀ヶ原を通って山頂に向かう。累積標高は上り643m・下り623mとなった。


☆☆☆☆☆ コース & 標高グラフ ☆☆☆☆☆

~~~ ヤマレコの記録から ~~~



宜しかったら ・・・・・ 続きをご覧ください。

続きを読む


タグ:202107
nice!(39)  コメント(17) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

紫陽花 ~ ガクアジサイ & ヤマアジサイ ~ [我が家の旬]


11-1常山アジサイ.jpg

この花は・?・?・?・"紫陽花 に 似ている"



11-21ガク・城ケ崎.jpg11-22エゾ・エゾアジサイ.jpg11-23ヤマ・ベニガク.jpg

ガクアジサイ       エゾアジサイ      ヤマアジサイ

紫陽花は日本原産で、もともと野山に自生していた花。自生種はまとめると上の3種類に

ガクアジサイが西洋に渡り、改良されて逆輸入されたのが "西洋紫陽花"

更に改良・交配が進む。西洋紫陽花とヤマアジサイの交配種などもつくられてきた。


6月の中庭は ・・・・・ 紫陽花の季節に。


宜しかったら・・・中庭に咲く紫陽花をご覧ください。

(画像が少し多いです)


続きを読む


タグ:202106
nice!(39)  コメント(16) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

入笠山 フラワーハイキング~2~ [ハイキング / トレッキング]


10-2s入笠山看板.jpg


花を求めてのトレッキング ~ 入笠山 ~。ゆっくりと花を楽しむことに時間をかけた山歩き後半は、主に山彦荘から大阿原湿原~入笠山山頂~スズラン山野草公園で見た花です。


宜しかったら・・・・・続きをご覧ください。


続きを読む


タグ:202106
nice!(42)  コメント(19) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

入笠山 フラワーハイキング~1~ [ハイキング / トレッキング]


10-1入笠山頂.jpg

入笠山 山頂にて ・・・・・ 八ヶ岳を背景に


四季折々の花々、それに手つかずの自然を満喫できる入笠山は "花の宝庫" と言われている。また、山頂からは日本百名山のうち、22座を見ることができると言われている。



10-2s入笠山看板.jpg

現地案内看板から

今年初めての(そして、久しぶりの)トレッキング。無理をせず、ゆっくりと花を楽しむことに時間をかけるため、ゴンドラを利用することにした。


☆☆☆☆☆ 歩いた コース ☆☆☆☆☆

ゴンドラ山頂駅ースズラン自生地ー入笠湿原ー山彦荘ー花畑ー首切清水ー大阿原湿原  
ー首切清水ー入笠山山頂ー花畑ー入笠湿原ースズラン山野草公園ーゴンドラ山頂駅 


上図~Map~の現在地から、ほぼ赤いラインに沿って、できるだけ同じ道は通らないように(特に黄色の円内ではルートを行ったり来たりしながら)歩いた。


宜しかったら、続きをご覧ください。

続きを読む


タグ:202106
nice!(31)  コメント(20) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

薔薇が咲いた [旬の花]


10バレリーナs.jpg

中庭 ~~ 薔薇の香りに包まれる ~~

5月も中旬を過ぎる頃から、中庭のバラが少しずつ開き始める。玄関を出ると、爽やかな薔薇の香りが漂ってくる。"薔薇の季節" に入ったことを実感する。


"梅雨入りが2週間も早まっている”・・・とのTV報道に、これから薔薇の旬の時期が始まるのに困ってしまった。長雨が続くと・・・花が折れたり、うなだれたりでとても見られない姿になってしまう。



宜しかったら、雨の合間に撮った薔薇をご覧ください。

続きを読む


タグ:202105
nice!(30)  コメント(19) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

クレマチス [旬の花]


11-1クレマチス.jpg

クレマチス ~ヌビア~


中庭に咲く 今が旬の花 ~~~ クレマチス 3種~~~


よかったら・・・・・続きをご覧ください。

続きを読む


タグ:202105
nice!(22)  コメント(13) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

立浪草 [旬の花]


11-雑草園タツナミソウ.jpg

雑草園を飾る花 ~タツナミソウ~


早春~春の花が終わると、まもなく中庭は夏の花に覆われる。その間隙を埋めるように、中庭は "雑草園” になる。

一輪草や二輪草、三輪草など山芍薬、山芍薬などの "春の花” は、いつのまにか背の高い草に覆われて見えなくなっている。夏の休眠の準備に入っているのだろう。


宜しかったら、・・・雑草園の様子をご覧ください。


続きを読む


タグ:202105
nice!(41)  コメント(19) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

桜草 & 山芍薬 [旬の花]


11-1サクラソウ-欣喜.jpg

中庭の日本桜草

4月末~5月初旬の中庭は日本桜草の花(鉢栽培)が楽しめる。天候によって鉢を移動できることが鉢栽培の利点と勝手に思っている。

このところの天候不順で庭の草花は、低温~強風や強雨~強い日射しなどに晒されている。中でも桜草は、やっと開いた花が強い風雨によって地面に這いつくばるように咲くという惨めな姿になってしまった。


宜しかったら・・・・・続きをご覧ください。


続きを読む


タグ:202105
nice!(38)  コメント(21) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

二輪草 & 一輪草 [園芸広場]


11-1イチリンソウ.jpg11-1ニリンソウ.jpg

 イチリンソウ            ニリンソウ

"ヤブイチゲ” と "サンリンソウ" の八重咲きを前回~前々回のブログに載せました。

八重咲きヤブイチゲ  https://dsimi-u.blog.ss-blog.jp/2021-04-22
八重咲きサンリンソウ  https://dsimi-u.blog.ss-blog.jp/2021-04-26


一輪草や二輪草にも"八重咲き"があるのだろうかとお考えの方もいらっしゃるのでは!


宜しかったら ・・・・・ 次ページ で ご覧ください。


続きを読む


タグ:202104
nice!(33)  コメント(13) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

三輪草 [旬の花]


11-1サンリンソウ日光白根.jpg

サンリンソウ

"サンリンソウ” と初めて出会ったのは、日光白根山の山頂付近だった。そのときは、イチリンソウかな~。それともニリンソウなのかなあ・・?。と思う程度だった。



11-2sサンリンソウ白根山.jpg 11-3sサンリンソウ白根山.jpg

帰ってから写真をよく見ると、一本の茎から三本の花柄が立ち上がっているのに気がついた(写真左)。花柄が二本しかないものもあったが、茎葉には短い "葉柄” があった(同右)。

これが、"サンリンソウ" との出会いだった。



   その後も~~~

21-1サンリンソウ入笠山.jpg

入笠山で出会った ~サンリンソウ~


21-2sサンリンソウ入笠山.jpg

輪生する茎葉に短い柄がある


イチリンソウ属のサンリンソウは茎につく葉は3枚が輪生し、その葉には短い柄がある。それに対して同属のニリンソウも3枚輪生する茎葉が、茎葉には柄がない。また、葉には小さな斑が入る(サンリンソウには斑が入らない)と言う違いがある。



入笠山に登ったのが、2018年6月。このときはニホンスズランと、アツモリソウやクマガイソウなどの観察が狙いだったのでゴンドラを利用した。帰りにゴンドラの山麓駅に降り立ったときに、なんと思いもよらなかった "お土産" をいただいた。・・・・・ポットに入った "八重咲きサンリンソウ" の苗だった。


鉢植えにして育てることにした。


宜しかったら・・・・・三輪草 その後を ・・・ ご覧ください。


続きを読む


タグ:202104
nice!(35)  コメント(17) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

八重咲きヤブイチゲ [旬の花]


11-1八重咲きヤブイチゲ.jpg

八重咲きヤブイチゲ

10年も前のこと。園芸店で "八重イチリンソウ" と言う珍しい花を見つけた。イチリンソウにも "八重咲き” があるんだと思って購入。ところが、栽培しているとイチリンソウとはどこか違うように思えてきた。しばらく経ってから、"八重イチリンソウ"はイチリンソウの一品種で、購入した花(写真上)はヨーロッパ原産のヤブイチゲの八重咲き品種 重咲きヤブイチゲ~ と言うことがわかった。

イチリンソウとヤブイチゲとはキンポウゲ科イチリンソウ属の異なる種類だった。


園芸店で購入した八重咲きヤブイチゲはしばらく小さな鉢で栽培した後、一部を地に移植して今日に至っている。
今がちょうど旬の時期 ~花が咲きそろった~
毎年この時期に花が咲くが、花や葉の形・色の変異が大きいことに気がついた。
**撮りためた写真(赤城自然園での撮影を含む)を見てください**
      

宜しかったら・・・・・続きをご覧ください。

続きを読む


タグ:202104
nice!(25)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

原種系 チューリップ [中庭・畑]


11-1チュウーリップ7種.jpg

チューリップ

江戸時代末期に輸入されたチューリップは明治後期に新津市(現在新潟市)で本格的な球根栽培が始まった。これが日本のチューリップ球根栽培のはじまりと言われている。


私は、何年か前から原種系チューリップを育てている。原種の流れを受け継ぎ、病気に強く、世話がかからないと言うのが魅力だった(上の花は原種系ではありません)。


11-2チューリップ原種.jpg

原種系チューリップ ~~クルシアナ・クリサンタ~~

初めて育てたのが、上の画像のチューリップ。球根を何個かいただき、咲いた花の魅力にはまってしまったのを覚えている。


宜しかったら、・・・・続きをご覧ください。

続きを読む


タグ:202104
nice!(29)  コメント(22) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

中庭 ~水仙 & 桃 の “ 香り ” に包まれる [中庭・畑]


30-1ミニスイセン.jpg

ミニスイセン


11-ネクタリン.jpg

ネクタリン


4月の2週目 散歩道では例年になく早くに咲いた吉野桜や陽光桜が散り始める。我が家では雪椿の花が散り始めて中庭の様子が一変する。水仙の黄色が地面を覆い、“桃” の香りが辺り一面に漂い始める。



宜しかったら、中庭の様子をご覧ください。



続きを読む


タグ:202104
nice!(29)  コメント(21) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

椿 [中庭・畑]


11-1ユキツバキ.jpg

ユキツバキ(雪椿)

ユキツバキは、ヤブツバキが日本海側の多雪地帯に適応したもので、新潟県で最初に発見されたと言う。冬は雪の下に埋もれて厳しい寒さに耐え、雪どけを待って深紅の花をつける。雪国に春を告げる植物として、新潟の “県の木” に指定されている。


12-1ユキバタツバキ.jpg 12-2ヤブツバキ.jpg

ユキバタツバキ(雪端椿)      ヤブツバキ(藪椿)

新潟県内では、内陸にユキツバキ、海岸近くにヤブツバキが分布している。その間には両種の中間種が見られる。雄しべの基部が短く筒状になっていたり、花弁が開かないなどの特徴をも持っている。ただ、いろんな段階の中間種があって、明確な区別が難しいようだ。



中庭の椿も3月中旬頃から4月にかけて見頃となっている。



宜しかったら、・・・・・続きをご覧ください。


続きを読む


タグ:202104
nice!(25)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

雪国の春 [山裾散歩]


10-0オオミスミソウ_39.jpg

雪国に ~ ~ 春の訪れ ~ ~


10-1雪国植物園山裾_24.jpg

雪国植物園を歩く

“雪国植物園”は、「里山を雪国植物園に」をコンセプトに、日本海多雪地帯 ~雪国の低山である里山~ の自然植生を大切にした構成の植物園。


春分の日 気持ちのいい天気に誘われ、里山散策に出かける。およそ2時間くらい歩き回って、山裾の春を満喫してきた。


宜しかったら 続きを・・・・・ご覧ください



続きを読む


タグ:202103
nice!(31)  コメント(20) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

クリスマスローズ [園芸広場]


10-0QRs11・32地.jpg

中庭に・・・クリスマスローズが咲いた

玄関前のサザンカの下に植え付けた”赤色系”の2種が開き始めた。鉢植えの比べてかなり遅い開花となる。


10-2QRs12ヒミコ1.jpg11-2QR-s32地.jpg

大部分のクリスマスローズには名前がついていない。店頭に並んでいるときは”赤色系シングル咲きクリスマスローズ”としかないのが普通。上2点もそうだと思っていたら、左には名がついていた。

”卑弥呼”とあった。雄しべの管・赤い花弁(実は萼)とネクタリーが鮮やかな赤色で、黄色の葯との対比が気にいって購入した。

卑弥呼は鉢植えも地植えもよく育っている。


画像ばかりの羅列ですが、・・・・・・宜しかったら、続きをご覧ください。


続きを読む


タグ:202103
nice!(31)  コメント(13) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

スプリング・エフェメラル [中庭・畑]


中庭・・・“春の妖精” 乱舞


11-1オオミスミソウ.jpg

スプリング・エフェメラル ~~早春季植物~~

3月も ・・・・・ 中旬に。我が家の庭は、早春季植物のが次々と開花。春の妖精たちの乱舞が始まる。まだ、朝晩の寒さが厳しいものの、日中は陽射しが庭の奥まで射し込み妖精たちを明るく照らす。



11-2コシノコバイモ.jpg

まだ蕾のものもあるが、暖かな日が続くと・・・あっという間に花開く


宜しかったら・・・・・“中庭の春” をご覧ください。

続きを読む


タグ:202103
nice!(35)  コメント(17) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の20件 | -